インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer 4以下)、ネットスケープ (Netscape 4.7以下)、テキストブラウザなどに対応したモードで表示しています。
数理検定協会はスタイルシートという仕組みを使用したページを提供しており、お使いのブラウザにより表示が異なりますが、サイト上にある情報はすべて問題なくご利用になれます。

脳力トレーニング

脳を鍛える問題にチャレンジ!!
「ひらめき/センス」を磨く問題を考えてみましょう!
解法に難しい公式は使いません、あきらめず考え抜くことがポイントです。

デジタル時計

ここにデジタル時計があります。

この時計は、「○○月○○日○○時○○分○○秒」というように10個の○に数字を入れて日時を表示します。

この時計では、十の位がない場合にも十の位に「0」が表示されます。

例)1月7日1時5分12秒は「01月07日01時05分12秒」

午後3時は「15時」と、時間は24時間制で表示されます。


10個の○に0から9までの10個の数字がそれぞれ1回ずつ使われているとき、この時計で表示される1年のうちで最も早い日時と最も遅い日時をそれぞれ求めてください。


☆参考:表示できる数字

  • 「月」・・・「01」〜「12」
  • 「日」・・・「01」〜「31」
  • (ただし、2月は「29」まで、4月、6月、9月、11月は「30」までです)
  • 「時」・・・「00」〜「23」
  • 「分」・・・「00」〜「59」
  • 「秒」・・・「00」〜「59」

解答/解説

>>デジタル時計の解答/解説

>>他の問題を解いてみる