インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer 4以下)、ネットスケープ (Netscape 4.7以下)、テキストブラウザなどに対応したモードで表示しています。
数理検定協会はスタイルシートという仕組みを使用したページを提供しており、お使いのブラウザにより表示が異なりますが、サイト上にある情報はすべて問題なくご利用になれます。

数学知っ得雑学集

とんでもない借金 ?

こんな経験はありませんか?
自動販売機でジュースを買おうと思ったら、小銭がない!!

隣にいた友達に100円玉を借りることにしましたが、「1時間10パーセントの利子」をつけて返すことになりました。
翌日の同時刻にその友達と会ったので、律儀なところを見せようと340円渡したら、「違うよ、足りないよ、985円だよ」と言われてしまいました。

100円の10パーセントは10円。
24時間経過したので、利子は240円、つまり合計340円。
どこが間違っているのでしょうか?

実は1時間ごとの複利計算だったのです。
1日後、つまり24時間後の元利合計の計算式は、100円×{(1+0.1)の24乗} となり、計算すると確かに985円となる。

返済を忘れてしまうと、大変なことになります。
2日目には1万円弱、3日目には10万円弱になってしまいます。
借金しなければならないときには利子計算、特に複利に気をつけよう。
グラフで見ると元利合計の増え方がよくわかりますよ。

グラフ