インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer 4以下)、ネットスケープ (Netscape 4.7以下)、テキストブラウザなどに対応したモードで表示しています。
数理検定協会はスタイルシートという仕組みを使用したページを提供しており、お使いのブラウザにより表示が異なりますが、サイト上にある情報はすべて問題なくご利用になれます。

リスニング問題

リスニング問題のイメージ

リスニング問題とは

数学的な能力は日常生活に欠かせない存在です。
リスニング問題では音声により問題が出題され「聞くことによるインプット」か ら「イメージ化/理解/式化/計算/解答」を経てアウトプットします。
「想像力・言語理解力・状況把握力・式化力・計算力」等々の様々な情報処理能力を駆使する総合的な能力が問われ、数学的潜在能力を測定します。


  • 対象グレード:AIII〜D
  • マークシート方式
  • 1回の検定で大問題1に対して小問題3問程度

例題-リスニング問題

音声を聞いて次の問題に答えてください。
問題は一度だけ流れます、その間にメモをとってもかまいません。

<放送>
こども2人を連れて海外旅行から帰ってきた小林さん夫婦は、駅からタクシーで帰るかバスで帰るか迷っています。
小林さん夫婦の会話を聴いて、つぎの3問に答えてください。
  1. バスで帰るとすると料金は(1)(2)00円です。
  2. バスで帰った方がタクシーで帰るより(3)00円安くなります。
  3. 駅と家が少なくとも(4)kmより離れていれば、バスで帰った方がタクシーで帰るより安くなります。
    ただし、バスの料金は距離にかかわらず一定とします。