インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer 4以下)、ネットスケープ (Netscape 4.7以下)、テキストブラウザなどに対応したモードで表示しています。
数理検定協会はスタイルシートという仕組みを使用したページを提供しており、お使いのブラウザにより表示が異なりますが、サイト上にある情報はすべて問題なくご利用になれます。

潜在能力の問題

潜在能力の問題のイメージ

潜在能力の問題とは

右脳を刺激する「ひらめき」や「潜在能力」を測定する問題が出題されます。
数学的潜在能力を測定するため、「特殊な公式を用いなければ解けない」であるとか、「計算が難しい」などの問題ではなく、グレードが異なっていても同じ問題が出題される場合もあります。従って頭の柔らかい中学生には解けて、大学生に解けないという結果が出ることもあります。


  • 対象グレード:AI〜D(AIとAIIでは通常問題に含まれます)
  • マークシート方式
  • 1回の検定で大問題3問程度

例題-潜在能力の問題


  1. 下の図は魔方陣で、たて、横、ななめのどの列の3つの数の和も同じになるようにします。
    図の「ア」に入る数は(1)(2)です。
  2. 下の5つの図形のうち、他の4つとは異なるものは (3)です。