インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer 4以下)、ネットスケープ (Netscape 4.7以下)、テキストブラウザなどに対応したモードで表示しています。
数理検定協会はスタイルシートという仕組みを使用したページを提供しており、お使いのブラウザにより表示が異なりますが、サイト上にある情報はすべて問題なくご利用になれます。

CIグレード

高校生のイメージ

検定概要

  • 検定時間:70分
  • 解答形式:マークシート

出題範囲

数1

  • 実数
  • 式の展開と因数分解
  • 1次不等式
  • 2次方程式
  • 2次関数とグラフ
  • 2次関数の最大・最小
  • 2次不等式
  • 三角比
  • 三角比と図形
  • 図形の計量

数A

  • 三角形の性質
  • 円の性質
  • 集合と要素の個数
  • 命題と証明
  • 場合の数
  • 確率とその基本的な性質
  • 独立な試行と確率

例題-CIグレード

  1. (5a3−3a2b+7ab2−2b3)(3a2+2ab−3b2)を展開したときのa3b2の係数は(1)です。
  2. 2次方程式x2−6x+a=0が2つの解をもち、それらがともに1より大きいとき、
    aの範囲は(2)<a<(3)となります。
  3. 平面上にA(1,1),B(−4,0)と点Cがあり,△ABCの重心は(3,−2)です。このときのCの座標は ( (4)(5)(6)(7))です。
  4. 東南大学、北東大学、西南大学の3校をすべて受験した200人の合否の調査を行ったところ、東南大学に73人、北東大学に148人、西南大学に159人が合格しました。また東南大学と北東大学の両方に64人、北東大学と西南大学の両方に126人、西南大学と東南大学の両方に68人が合格しました。3校とも不合格の人は18人でした。3校とも合格した人は(8)(9)人です。
  5. 関数f(x)=ax2−2ax+bの区間−1≦x≦2における最大値が2で,最小値が−2のとき,a>0の条件下で、a=(10),b=(11)(12)となります。