インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer 4以下)、ネットスケープ (Netscape 4.7以下)、テキストブラウザなどに対応したモードで表示しています。
数理検定協会はスタイルシートという仕組みを使用したページを提供しており、お使いのブラウザにより表示が異なりますが、サイト上にある情報はすべて問題なくご利用になれます。

TOMACとは

TOMAC(トマック/Test of Mathematical Competence)は学習で向上する「数学(算数)能力」とひらめき・センスのような「数学的潜在能力」の両面をスコアによる絶対評価で測定する数学能力検定です。
1994年に数理検定協会により研究・開発され、10年目の2004年に深刻な社会問題(学力低下、失業率、ニート等)を懸念し、個人受験を開始しました。

TOMACの特長

ひらめきとセンスを測るユニークな問題構成

TOMACでは数学(算数)の一般的な問題、音声を聴いて解くリスニング問題、右脳を刺激する潜在能力の問題で構成されてます。「ひらめき・センス」など数学的潜在能力の測定は、受験者にとって「役に立ち、楽しくてヤリガイがあり」学習欲を喚起させることにもつながります。

>>詳しくは検定基準へ

絶対評価による能力測定

数学的能力を「知識として習得する能力」と「人間が有している潜在的能力」と考え、絶対評価によるスコア、能力のレーダーチャート化、グレード別の金賞・銀賞・銅賞制度という3つの切り口で様々な能力を測定できるよう設計されています。

>>詳しくはグレードと検定結果へ

進学・就職に役立つ

2004年7月に厚生労働省「若年者就職基礎能力支援事業(YES-プログラム)」の認定試験となりました。
(CIグレード:スコア600で基礎レベル、CIIグレード:スコア700で応用レベルとして評価されます)
スコアを成績証明書や履歴書に書くことで、進学・就職時に役に立ちます。

目標を決めてステップアップ

TOMACの検定基準及び評価法は小学生から社会人までを網羅するので子供から大人までが利用できます。
その対象範囲の広さから生涯学習の目標になります。

TOMACのイメージ

視力検査のイメージ

TOMACをイメージするとき、視力検査を例にとるとイメージしやすいです。
視力検査は「C」のような図をご自身の視力に近いところから確認し、見えたら小さい方、見えなかったら大きい方を確認していきます。
TOMACの能力測定法の基本も似たようなイメージです。
たくさんある問題は難易度がランダムに設定されており、「できる(得意な)問題」からスパスパ解いていきます。
問題は特訓が成果をよぶ計算問題や習熟度でアップする数学(算数)の問題や数学パズルや数学ナゾナゾみたいな頭の柔らかさを測定する問題にわかれています。
その結果を項目反応理論という少し難しい理論で点数化します。
ゆえに、数学的潜在能力を「1本のものさし(スコア)」であらわすことができます。